画像のリサイズ

画像のリサイズ

どうも!物欲の化身ことmasayukiです。

 

今日は、メリットがある人が、かなり限られる内容です。

ブロガーかつmacユーザーにしか意味ない内容なので、それ以外の方は華麗にスルーしてください。

 

ブロガーの皆さん、画像のリサイズってめんどくないですか??

僕はGIMP使って画像を小さくしてるんですけど、

結構地味にめんどくさいなーって思ってます。

 

実は、もともとあるmacのコマンド使ったほうが早いので、今日はそのご紹介です!

 

コマンドで処理

 

やり方は超簡単!

  1. ターミナル開く
  2. コマンドで「sips -Z (長辺のサイズ)」
  3. 画像リサイズしたい画像をドラッグ&ドロップして、エンター

以上

 

これでできちゃいます。

sips -Z (指定サイズ) (ファイルパス)

↑(ファイルパス)の画像の縦横のサイズを(指定サイズ)以下にして、って言う意味です。

4000×3000 の写真を、400×300 にしたい場合は、

sips -Z 400 (ファイルパス)

まで入力して、あとは、リサイズする画像をターミナルにドラッグアンドドロップするだけです!(数字の後はちゃんとスペース開けてね♪)

ドラッグアンドドロップすると、自動的にファイルパスは入力されます。

もっと詳しく知りたい方はQittaのこの記事がとてもわかり易いのでよろしければどうぞ!

 

たったこれだけ!

 

 

 

GIMPの処理だと

 

ちなみにこれをGIMP使ってやると

  1. GIMPを開く
  2. 画像を選択して開く
  3. リサイズアイコンをクリックする
  4. 画像をクリック
  5. サイズを決める
  6. リサイズする
  7. レイヤーを画像に合わせる
  8. 名前を付けて保存する
  9. GIMP閉じる

 

これくらいの手間です。時間はかかってないですがおそらく半分ぐらいの時間で、コマンドなら出来ちゃいます。

 

まとめ

 

文字だけの説明ってわかりにくい

 

もっといい方法あるぞ!!!

って方は、教えてね♪

今日はアプリの修正進めたいので、見るからに手抜きブログでしたー♪

ほいじゃーまたー。