Amazon Echoはあなたの睡眠を劇的に変える最高の目覚ましです

Amazon Echoはあなたの睡眠を劇的に変える最高の目覚ましです

皆さん、朝は気持ちよく目覚められていますでしょうか?寒くて布団から出れない・目覚ましを10分後にセットし直してギリギリまで二度寝してしまっていませんか?Amazon Echoを購入された皆さんは騙されたと思ってぜひお試しください。

 

そもそも、なぜ目覚めが悪いのか?

眠りの深いタイミングで、目覚ましの爆音で叩き起こされる

睡眠の質が低い

というのが主な理由です。(そもそもの睡眠時間が足りていないってのが、一番の理由でしょうが、ここでは、「睡眠時間増やしましょー!」といっても、なかなかすぐに増やせる人はいないと思いますので、割愛します。)

原始人だった頃の人間は、日の出の日光を浴び、徐々に睡眠が浅くなり、体温が上がり目覚めていました。夜は、お星様以外の光はなく、ブルーライトとも無縁の生活で、真っ暗な状態で寝ていました。しかし、今ではどうでしょうか、夜でもコンビニに行けば昼間と変わらないような明るいライトでお出迎え、眠りに落ちる直前まで、スマートフォンから友達のメッセージと共にブルーライトを届けられる日々です。

今更、原始人のような生活には戻れませんが、要は、夜のブルーライトを減らして、朝は、光を目覚まし時計代わりにして、部屋を起きやすい温度にして上げれば良いのです!!

こう言うと、すごい特殊な家でなければ実践できなさそうですが、今はAmazon Echoと言う、簡単にIOTハウスが作れる強力なデバイスがあるので、あと一工夫すれば、快適な睡眠環境が整えられます。

 

必要なもの

Amazon Echo

もちろん必要なAmazon Echo!こちらは、最新モデルですが過去モデルのものでも大丈夫です。旧モデルと新モデルの違いは、ざっくり言うと

音が良くなった

温度がわかるようになった

という違いだけなので。旧モデルはこちら。

 

スマートリモコン

忘れていけないのが、スマートリモコン!Amazon Echoだけでは、家電側が対応していないと、「アレクサ、電気つけて!」なんかに反応してくれません。ただ、この赤外線のスマートリモコンがあれば、赤外線リモコンで反応するほぼすべての家電が「アレクサ、◯◯して」で反応してくれるようになります。

「え?じゃ、スマートリモコンだけで良くない?」というツッコミが聞こえてきそうですが、「スマートリモコン」だけと「Amazon Echoプラススマートリモコン」は便利さが全然違うんです。

スマートリモコンだけだと、手元にスマホが無いと操作出来ない。スケジュール機能はあるが貧弱です。ここの弱点を補うのが、Amazon Echoです。Amazon様が作っているだけあって、スケジュール機能や定型アクションなんかがすごく良く出来ています。

要は、Amazon Echoとスマートリモコンがあれば、「アレクサ、いってきます」というと、

・部屋の照明がオフになる

・テレビの電源が落ちる

・エアコンがオフになる

・最後にアレクサがお見送りの一言を言ってくれる

という、超便利なことができちゃうのです。

スマートリモコンはいろんな種類がありますが、私はこちらを使っております。

必要なものが揃ったら、早速セット

Amazon Echoとスマートリモコンが手元に届けば、快適な睡眠環境が!となれば良いのですが、まだそこまでアレクサも賢くないので、自分で設定してあげないといけません。Amazon Echo・スマートリモコン自体のセッティングの方法は、入っている説明通りに設定すれば問題ないので、そこの説明は割愛します。スマートリモコンにエアコンやテレビ・部屋の照明などAmazon Echoから操作したいリモコンの情報登録して下さい。

アプリをダウンロード

まずは、必要なアプリをダウンロードしましょう。

Amazon Echoのアプリとスマートリモコンのアプリが必要です。

Amazon Alexa

無料
(2018.12.12時点)
posted with ポチレバ

eHome

無料
(2018.12.12時点)
posted with ポチレバ
私の使ってるシーリングライトはそうなのですが、単純にリモコンのスイッチ一回押すだけでは、消灯できない、思っている照度にならないって場合は、「シーン」っていうのを追加します。うちのシーリングライトは照明オフボタンを押すと1段階ずつ照度が落ちていくタイプなので、「消灯」というシーンを作成して、その中で、一旦全灯にして、二回照明オフのボタンをしすっていうマクロっぽいことをして、消灯機能をつけています。う。説明下手でごめんなさい。
必要なリモコンとシーンの設定ができたら、次はアレクサのアプリ側で設定をしていきましょう。

アレクサアプリ側での設定

まずは、アレクサアプリでeHomeのスキルを有効にしましょう。左上のメニューをタップ。

「スキル・ゲーム」の項目をタップ。
スキルの検索欄に「eHome」で検索。

出てきた、eHomeスキルを有効にしましょう。

スキルが有効化されたら、おめでとうございます。「アレクサ、照明オフ!」や「アレクサ、エアコンつけて」で家電が操作できるようになりました。これであなたのお家もスマートハウス♪ただ、快適な睡眠環境をて入れるにはもう少し、設定が必要です。「え?まだ設定するの?」っとうんざりしているそこのあなた、もう少しなので、がんばりましょう。

定型アクションを追加していく

アレクサアプリでスキルを有効にしただけでは、簡単な家電の操作しか出来ないので、定型アクションを追加していきます。また、左上のメニューをタップして

今度は、定型アクション

定型アクションは、「アレクサ、◯◯して」で実行するタイプと、決められた、時間と曜日で実行する2つのタイプがあります。試してみましたが、時間を指定して「アレクサ、明日の6時に◯◯して(定型アクション)」ということはまだ出来ないようなので、時間と曜日指定型の定型アクションを追加していきます。

という感じで、時間を指定して、その時間に実行していくアクションを追加していきます。アクションは複数追加できるので、エアコンを点けて、照明を明るくして、など同時に実行するものはまとめちゃいましょう。

私の場合は、6時40分頃にエアコンを26度でオンにして、照明を50パーセントくらいでオン。7時に照明を100%っていう設定で目覚めてます。一回で照明を前回にしても目覚めるんですが、徐々に明るくしたほうがスッキリ起きれます。ただ、5段階とかにすると起きる時間変える時に5つ時間変更しないといけないので、めんどくさがりん自分は2つにしてます。

 

寝付きを良くする

スッキリ起きるためには、目覚め方も大事ですが、寝付きも同じくらい重要ですよね。ってことで、なかなか布団に入ってからすぐに寝付けないというあなたは、カナダのサイモン・フレーザー大学のリュック・ボードワン博士が、開発した認知シャッフル睡眠法という方法を試してみてはどうでしょうか。2ch解説者のひろゆきさんや、メンタリストDaiGoさんかもおすすめしてる方法です。頭の中で関連性のない単語を順にイメージしていくという方法なのですが、自分でやるとなかなか眠れないので、こちらのAmazonスキルを使って見てはどうでしょう。

睡眠法でも眠れないって方は、キウイを食べてから寝るのも効果的ですのでお試しあれ。

 

まとめ

Amazon Echoとスマートリモコンは最強の目覚まし

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。ほいじゃーまたー。