ec2からgit pushすると毎回ssh-agentが死んでいる問題

ec2からgit pushすると毎回ssh-agentが死んでいる問題

どうも!ゴールデンウィーク明けから、エンジニアとして働くことになったmasayukiです。

めちゃめちゃ勉強して、めちゃめちゃ成果上げたいです。今年中にOSSのコードでのコントリビューターも目指します!

(完全な自分用の備忘録記事なので、ご了承下さい。)

Ruby初めてみた

今までswift・Node.jsあたりを使っていたのですが、web系の会社で働かせて頂くことになったので、Ruby遣いになることを選びました。phpかrubyと言う選択肢を頂いので、両方触ってみてRubyに。

せっかくなのでAWS ec2でAmazon linuxを立ち上げ、プロを目指す人のためのRuby入門 を使ってお勉強しています。

ssh-agent毎回死んでる

せっかくなので、githubにpushしながら写経を進めてるのですが、なぜか、git pushすると毎回下記のようなエラーに。

$git push

Permission denied (publickey).
fatal: Could not read from remote repository.

Please make sure you have the correct access rights
and the repository exists.

ssh-add -l すると

$ ssh-add -l
Could not open a connection to your authentication agent.

ssh-agentが起動していないっぽい。

ということで、

$ eval `ssh-agent`
Agent pid 952
$ ssh-add ~/.ssh/[key]
$ git push

っていうのを毎回やます。

これって多分ダイブ良くないことしてる?

ssh-agent自動起動する設定にしたらいいじゃーーっていう、安易な発想でググっていて気づいたのですが、

そもそも秘密鍵をサーバー上に置くのは、セキュリティ上良くない

ですよね。

ということで、クライアントのmacにgithubの秘密鍵も置いて、ec2からgithubにpushできるように設定しようと思いますが、後回しになります。

以上TODOリスト備忘録でした。